>

リップクリームの使い方

縦に動かす意識が大事

何も知らない人は、リップクリームを横に動かしている傾向が見られます。
しかし唇はよく見ると縦にシワが刻まれているので、横に動かすとシワの奥深くまでリップクリームを塗ることができません。
塗り残しがあると意味がないので、シワにも届くよう縦に動かしてください。
また、力を入れて塗ることは絶対に避けてください。

唇は、人間の皮膚の中で最も薄い部分です。
他の部分なら耐えられる衝撃でも、唇は耐えられず捲れてしまうかもしれません。
優しい力でリップクリームを塗ることで、負担を与えません。
軽く当てるだけで良いので、そのまま縦に動かしてください。
それがリップクリームの基本的な使い方になります。
きちんと覚えておきましょう。

工夫して使おう

購入したばかりのリップクリームは、固くなっている傾向が見られます。
固いリップクリームは唇に刺激を与えるのでおすすめできません。
唇の乾燥対策をする時は、刺激や負担を与えないことを最優先してください。
ではどうすれば良いのかというと、リップクリームを温めて使うのが良い方法です。
温めると柔らかくなるので、負担を最小限に抑えることができます。

人肌程度に温めるだけで、リップクリームは柔らかくなります。
普段からポケットの中に入れておいたり、温かい場所で保管しておきましょう。
冬が外界の気温が下がるので、リップクリームも固くなりやすいです。
固いリップクリームを擦りつけることは絶対しないで、柔らかくなるまで待ってください。


この記事をシェアする